小学校の受験において、お子さんのみならずご両親も面接を受けます。何故ご両親も受けるのかと思われるでしょうが、家庭環境を知るために必要となります。お子さんだけでなくご両親にも様々な質問を小学校側が行っていくことによって、どのような答え方や言葉遣いで応対するのか、どういった内容で返答するかということ、どんな態度で面接を臨むのかを見ることとなります。特にお子さんの返答の仕方や言葉遣い、態度によって普段ご両親がどのような教育をしているのかなどを垣間見ることができます。言葉遣いや応対方法などは、一夜漬けや受験前に対策を行うだけではどうにもならないことですし、付け焼刃なので学校側からするとそれも見通されることになります。そのため、普段からお子さんの前ではきれいな言葉遣いや応対をしていると良いといえるでしょう。

小学校の受験の面接では志望理由を重視されます。

小学校の受験の面接におきましては、お子さんだけでなくご両親のほうも見られることになります。どういった点を見られるのかと思われるかもしれません。見られる点の代表的なものとしては志望理由になります。志望理由は、どうしてお子さんをこの小学校に入れたいのかということです。志望理由ということなので具体的な理由がないといけません。また、学校の面接官が志望理由を聞くことによって、その学校がどういった方針なのかということについてなどをきちんと理解しているか、どのくらい調べているかということなども見極めることができます。そのため、ただ良さそうと思ったからなどといった薄い理由ですと、あまり心象が良いとはいえないでしょう。そのため、しっかりとした志望理由をご両親が考えて、学校のことについても調べておくことが必要です。

小学校と中学校以降の受験の違いについて。

小学校の受験には、中学校やこうこう、大学の受験と違う点があります。どんな点かといいますと、お子さんと一緒に親御さんも面接を受けるという点です。小学生に上がる予定のお子さんをお持ちで受験される場合は、親御さんの教育方針がどのようなものかということも面接においては重要となってきます。そのため、一緒に面接を受けることになるといった面があります。面接官は、親御さんのどんなところを見ているのかといいますと、お子さんに対してどのようにしつけを行っているかという点です。しつけのやり方1つ取っても、お子さんがどのように成長していくのかなど異なります。しつけをするときの応対方法や、お子さんに対してどんな風にお話をしているかなどを面接官が聞いて親御さんが答えることによって、入学させるのに相応しいかどうかを判断されます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL